ページの先頭です

トップページ > 症例報告 > お尻から足にかけてのしびれ
お尻から足にかけてのしびれ

40代女性 両足の坐骨神経痛

お尻から足(太もも)にかけてのしびれ、だるさで来院。                                一般的にいう「坐骨神経痛」です。                                 

もともと病院でヘルニアと診断されており、数年前から出ているそうで、                             良くなったり、悪くなったりの繰り返し。

仕事が立ち仕事で、ずっと同じ場所での下向きの作業。                                        この仕事の後が一番しびれるそうです。

ということは、これが大きな原因のひとつです。                                               ただ、同じ作業をしても腰痛になる人もいれば、ならない人もいる。      

その違いは、何なのか?                                                      これを検査で見つけていきます。

この方は、まず腎臓の機能低下と歪みが強く出ています。                                       それと、生殖器(子宮・卵巣)の歪みもあります。

他には、骨盤の歪み、エネルギー的な鬱滞も強い。                                          頭も相当重くなっているので、脳圧がかなり上がっています。

簡単にいうと、                                                         身体の循環がかなり悪くなっています。                                         

こういう方は、むくみや冷えも起こりやすいです。

施術としては、内臓特に腎臓や心臓などの循環器を正常な状態にすることで、                                         身体の流れをよくしていきます。しびれも基本的には、循環障害です。

そして、子宮などの生殖器が歪むと、内臓の反射が働いて、                                        お尻や足の筋肉を緊張させます。 

それが慢性的に続いたのと、日常の仕事の負荷が                                           今回のしびれの要因かと思われます。

施術は、内臓の位置を正常にして、                                                 体液が循環しやすい環境にしました。

2回目来院

前回後、少し間があいてしまいましたが、10日後に来院されました。

前回の施術後は、とても調子がよく、しびれもマシになったそうです。                                 ただ、その快調な状態が続いたのが3日間くらい・・。                                          その後は、少しづつ戻ってきたそうです。

かなり慢性化しているので、1回の施術で3日間いい状態が続けば上出来です。                            あとは、引き続き施術をして、その状態を底上げするだけです。

施術後に変化が出るということは、それを継続すれば改善するでしょう。                               少し時間はかかるかもしれませんが、健康になるとはそのような経過をたどります。

痛みだけを取り除くなら、鎮痛剤を飲めば一番早く反応が出ます。                                    でも、薬が切れたらまた痛みます。

このような場合は、あまりだましだましの治療をせずに、                                      ちゃんといい状態にしないと、どんどん改善に時間がかかります。

 

あなたの悩みに「結果」で応える!                                                  整体サロン セブンスセンス                                                http://7sense-seitai.com/

 

インターネット特別割引実施中!

LINE予約

ページの先頭へ